ささにしきとまめごはん

美味しいごはん専門ブログとかではありません。たぶんね。

防災ライト選びのポイント!電源や機能も要チェック#防災

災害時やキャンプシーンにも使える防災ライトの種類と選び方、電源の種類、おすすめの機能などについて詳しく説明します。 

 

 

防災ライトの種類と特徴

防災ライトはさまざまな形状があります。主な種類を以下に示します。 

  1. 懐中電灯:

    • 手に持つタイプで、用途や使用者に合わせて選べます。
    • 自由に動かせて照らしたい場所に向けられます。
    • 照射距離が長く、遠くまで照らせるものもありますが、片手がふさがってしまうことに注意が必要です。
  2. ヘッドライト:

    • 頭部につけるタイプで、両手が空いているため避難や作業に便利です。
    • 顔が向いている方向しか照らせない点に注意が必要です。
  3. ランタン:

    • 吊り下げタイプで、全方位を明るく照らせます。
    • キャンプやインテリアにも活用できますが、照射距離は短いです。

電源の種類

ライトを使用するには電源が必要です。以下に電源の種類とそれぞれのメリット・デメリットを示します。

      1.電池式:

  • 強い光で照らせますが、電池のストックが必要です。
  • 充電式の乾電池などを使えばストック節約も可能です。

 

      2.充電式:

  • 電池などのストック不要で、コンセントがあればすぐ充電可能です。
  • 充電完了までに時間がかかることがあります。
  • 照明機能以外にモバイルバッテリーとしても使えます。

 

 

   3.ソーラー充電:

  • 太陽光でいつでも充電できますが、充電完了までに時間がかかります。
  • 充電との併用機能が付いているものが多いので、基本的にはソーラーは予備と考えるのが良さそうです。

 

 

電池式と充電式の両方が可能なライトを選ぶことをおすすめします。電池がなくなっても充電で補えるため、いざというときに役立ちます。

 

 

防災ライトを選ぶ際のポイント

ライトを選ぶ際には以下のポイントに注目しましょう。

  1. 明るさ: ルーメンで明るさを確認し、用途に合った明るさを選びましょう。
  2. 点灯時間: 長時間点灯できるものを選びましょう。
  3. 照射距離・範囲: 実際に点灯して確認するとわかりやすいです。

 

 

 

また、ライト以外の機能も考慮し、ラジオや手回し充電機能などが付いた多機能ライトも検討してみてください。